スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diablo2-1.07 毒物研究所(その3)

以前の毒の検証から大分経ちました。
あれからトレハンと育成に勤しみ、ついに準備が整いました。いや完璧ではないですが。
いよいよ超猛毒発動の瞬間です。

まずは前回の限界に近いダメージの状態です。
ここから、Venomブースト用装備に切り替えVenomを発動、完全毒装備に換装します。
poison-22.jpg

・・・

・・・

チーン!

poison-20.jpg

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

ついに20kを超えました!見たかゴルァアアアア!!!!!

このダメージはダメージ「だけ」なら現行でのβブランブル装備のフルブーストPoisonNovaに相当します。
これだけのダメージは07で達成するのは他の手段では不可能、他パッチでもなかなか難しいです。

エンドレスヘイル装備時のマルチプルショットのダメージです。
これだけあればもうヘルの敵も余裕、余裕!
poison-21.jpg

実は毒ダメージを比較的維持しつつマルチを撃つ方法も存在します。
これはその装備でのダメージです。
poison-23.jpg

ちなみに今回使用した武器は前回同様onAnthrax付きの弓にPEmerald*4の弓です。
Venomについては最大ブーストではありませんが、LV32(675-715/2s)です。
フル装備だとスキルLV1上昇に付き約400ちょいダメージが上昇します。
殲滅速度ですが、ヘルA1だとフォールン瞬殺、その他が約2秒、ユニーク手下が4秒。
ヘルA5だとBloodyの雑魚が約4.5秒、エルドリッチの手下が約9秒、エルドリッチが28秒かかります。

・・・。

・・・まあ、そろそろお気づきの方もいらっしゃると思いますが。
フル装備での継続時間は38秒になります(笑)
つまり38秒かけて20000以上のダメージを与えるわけで。
厳密には計算も違いますし、武器のダメージも差し引くわけですが、大体秒間ダメージは
550-590ほどになります。
いやまあこれでも十分強いんですけどね(笑)
雑魚はあっという間ですが、ユニーク相手には時間かかってしまいますねえ。
もっともこの点に関しては、足止めスキルや壁の存在、持続時間中に与える他の攻撃や
自動回復阻止、LowerResistでのダメージ増加も考えるとそれほどの欠点ではないと思います。
大体、07だとヘルの敵を属性攻撃で倒そうと思ったらStaticFieldなしでは
死ぬほど時間かかりますからね。実際は毒の方が優位なわけです。

装備の要求LVもLV60のアトマを除けばほとんどLV30台で装備できますので、
ノーマル終盤から楽勝に進めることが出来ると思います。
その時点で16k-18は達成可能です。
まあ、このダメージを実現できるのは朝だけで、Venomのない他のクラスだと6k-8k位になってしまいます。
07では十分強いですけど。

実は本当の問題はそんなとこじゃなくてですね。

poison-24.jpg

チャームくらいでしかAR稼げないんですが、どうすればいいんでしょうか(笑)
あとレジストが最悪な状態です(笑)
今回はダメージの極限を目ざすだけでしたが、実際の進行可能な装備も考えなければいけませんね。
個人的には大満足したところで、また次回。

・・・頑張れば30k行けるよね?(笑)
スポンサーサイト

Diablo2-1.07 Oスキルのブーストについて

今回はOスキルについてです。

前回同様エンドレスヘイルを用いた趣味キャラでも作ろうかな、とキャラの装備を載せ換えしていたところ、
特定のタブスキルをブーストした後、エンドレスヘイルを装備したらマルチプルショットのLVが
その数値分上がっていました。前の記事での実験ではタブスキルでは上昇しないという結果になったんですが、
これはどうも再調査してみる必要があるようです。
その結果、特定クラスが特定タブスキルをブーストした時のみOスキルもブーストされるという結果になりました。

改めてOスキルのブーストについてまとめます。
・全スキル+(Allskill)
どのクラスでも無条件に数値分上昇。

・クラススキル+(馬場、朝など)
数値分上昇するが、馬場なら馬場+、朝なら朝+を装備しないと反映されません。多職のはダメです。

・タブスキル+(馬場マスタリ、朝の罠など)
数値分上昇するが、クラスごとに特定のタブスキル+を装備しないと反映されません。多職のはダメです。
以下、クラスごとに該当するタブスキルです。
Barbarian-Combat、Paladin-Combat、Sorceress-Fire、Amazon-Bow&Crossbow、
Necromancer-Curse、Druid-Summonning、Assassin-Trap
該当していれば、護符だけでなくクラス専用防具やGCでもブーストされます。

タブスキルでもブーストできるというのは大きく、特定部位で+3したりスキルチャームを積んでで
大きく上昇させることが可能です。
とはいえクラスによっては該当するタブスキルが微妙な物もありますので、活用できるかどうかも
考えていきましょう。
Oスキルが使用できるアイテムについてはこちらをどうぞ。

・馬場(Combat)
諦めましょう(笑)コンバットというのが致命傷です。
これがマスタリ、吠えだったらいくらか考えようもあったのですが。
普通にクラススキルでブーストするのがよさそうです。

・パラ(Combat)
こちらもコンバットということで弓系ユニークとの両立は難しいですが、ハンマーやFoHを使用する
ビルドならばスカルコレクターのStaticField、ウォープスピアのテレポが使えます。

・ソサ(Fire)
弓系ユニークとの相性が、特にImmolationArrowが使用できるクコシャカクとの相性は抜群です。
エンチャントは大して使えませんが、火マスタリーで威力を増強できます。

・尼(Bow&Crossbow)
本職なので弓系ユニークを用いることはないでしょうが(笑)、裏でテレポやSFを使用する分には
弓尼との相性はいいかもしれません。どちらかというと物理弓尼より、芋尼やFA尼で使えますね。

・ネクロ(Curse)
なんでまたよりによって「呪い」なんでしょうか(笑)
テレポやSFを使用する分にはPnBや召還の方がよかったのですが。
とはいえ、弓系ユニークであればAmpでの威力増強、LRでの芋矢の威力増強が図れます。
Dimで敵を沈黙させてマルチで一斉射撃するのは面白そうです。

・ドル(Summonning)
今回の目玉です(笑)
ペットの性能強化を図れると共に、マルチの射出本数upやSFの範囲拡大を狙えます。
もう園長やれと鰤が命じているとしか思えません(笑)鬼ブーストするべきでしょう。

・朝(Trap)
弓系の場合、影道+なら色々と趣味ビルドでの活用(venom朝とか)も考えられたのですが、
普通にスキルブーストした方がよさそうです。
ただ、罠朝であればSFやテレポが活用できるでしょう。

ビルド構築において相性が最高なものもあれば、裏でテレポしたりする時のサポート程度に
収まるものもありますね。それにしても馬場の不遇っぷりは一体(笑)
これでいくらかはビルドの幅が広がったと思います。いずれこれらを用いたビルドを作っていきたいですね。

では、また次回。

Diablo2-1.07 毒物研究所(その2)

さて、1.07の毒属性が現行と比べ比較的強い(少なくともソケット物の累積ダメージについては)ことが
分かったところで、次は実際の装備について考えてみます。

まあ、せっかくですからマルチプルショットを使用するという前提で話を進めましょう。
というわけで前回の攻略に引き続きまたエンドレスヘイルさんにご登場いただきます。

poison-13.jpg

とりあえず装備してみた状態です。
poison-12.jpg
装備キャラのDEXは100で、通常攻撃の物理ダメージはちょうど弓のダメージの2倍となっています。
マルチプルショットは3/4ダメージですね。

ここで毒属性の装備をしてみましょう。
とりあえず+5-8/3sのスネークコードと、+23-47/3sのベノムグリップを装備してみます。
poison-14.jpg → poison-15.jpg
とりあえず毒属性は付加されましたが、なんだか実戦で使うには頼りないですね。

マルチは使えなくなってしまいますが、ここでさっきの毒弓(of Anthraxの方)を装備してみましょう。
poison-16.jpg
飛躍的にダメージが伸びました。物理分を省くと、1819-1979ですね。
これを弓8秒、他3秒*2で合計14秒間かけて与えます。
実際ノーマルA5のエルドリッチに当ててみると約8秒の時点で倒しました。
(なお、P-Novaと同じく実際はライフが減っているのにライフバーではほとんど減ってないように
見える現象がたまにありました。)
1.07ではユニークとそのミニオンはやたら硬いのですが、ミニオンは2秒で倒せましたので
それなりに効果はあるようです。ペット等で動きを封じつつ本体は遠距離から安全に倒すという手段を
取るのに使えそうですね。とはいえこれはノーマルでの話です。

さて、お気づきの方もいると思いますが、このキャラはです。
ということは・・・

Venomキタ━(゚∀゚)━!

そう、朝といえばVenom!
この強力な毒属性付与スキルを用いて、この毒攻撃をアグレッシブに使える攻撃手段にしましょう!
Venom自体の性能ですが、現行に比べ1割程度ダメージが落ち、毒継続時間は0.4秒→2秒、
スキル自体の継続時間は据え置きという性能です。
まあ1.07なので多少控えめな性能といったところでしょうか。
今回はスキルレベル9(+143-184/2s)で使用してみました。

では・・・
poison-17.jpg
うむ、ガツン!と伸びました。
(Venomは継続時間のバグなどによりVenom以外の継続時間が長いほど飛躍的に威力が伸びます)

この状態でミニオンは1撃、エルドリッチ約4秒、シェンク8秒で倒す事が出来ました。
LV31P-nova(631-665/2s)でもエルドで2発、シェンクで3発かかることを考えると、
悪い物ではないと思います。
※ノーマルとはいえ、ユニークやスーパーユニークは属性攻撃にかなり強いです。
おそらく1000ダメージ以上は無いと1撃で倒すことはできないでしょう。

エンドレスヘイル使用時のダメージです。
poison-18.jpg
これでも雑魚散らしには十分使えると思います。
雑魚相手にはマルチ、対ユニーク+ミニオンには猛毒弓と分けて使っていくといいかもしれませんね。

え?毒ばっかでPIはどうするのかって?
・・・07のLRは属性無効全部外せるんだよ!

もちろん今回使用した装備以外にも毒属性を持ったアイテムは存在します。
各種武器やアトマ護符、防具に埋められるジュエルなど、毒の威力をさらに上げるアイテムは
いくつか存在しますので、それらを用いて毒殺していくといいでしょう。
OWと組み合わせるとさらに高速で敵のライフを削ることが可能だそうですので、そちらも検証して
いきたいところです。

毒を用いたビルドとしましては、弓尼(猛毒弓でマルチ撃てます)、エンドレスヘイル使用+
Hフリーズ使用の弓パラ(ラトルケイジがあるとgood)、弓朝、毒ダガーネク(増幅できるそうです)、
ブレード・オブ・アイス使用の格闘朝(Lv3で毒をばら撒けるらしい)といったところが有力でしょうか。
なお近接、射撃系以外のスキル(P-Nova、レイビーズ等)の威力は増幅できませんので、
その辺は御了承下さい。

poison-19.jpg
趣味系毒殺ビルドを見るたびに、やっぱり空想Diablo科学読本っていいサイトだったよなあ・・・
と懐かしみつつまた次回。

Diablo2-1.07 毒物研究所(その1)

前に海外の掲示板で1.07パッチは毒が強いとの記事を見たことがあるのですが、
実際どのように強いのかよく分からないというのが実情です。
今回はその辺について調べて見ます。

まず前段階として毒ダメージの計算式をおさらいします。(流水様のサイトより抜粋)
+x poison damage over y seconds
というのが基本になります。
これはxダメージをy秒かけて与える、というものでxダメージをy秒間与えるというものではありません。

また、ダメージの算出方法は合計ダメージの和ではなく、各毒属性要素について1つずつ秒間ダメージを
算出し、その合計値に平均持続時間を掛けた物になります。

次に1.07での毒ダメージ要素についてですが、若干変更点があります。
Emrald、Talルーンについては変更はありませんが、ジュエルは+20/1s固定ではなく、
+9-XX(28までは確認)/2s、AffixのPestilentが+275/6s→+68/2s、of Anthraxが
+100/6s→+25-50/4sとなっています。

海外記事によるとP-Emeraldを入れた弓が強いとのことですが、現行では6個埋めても+174/6sと
育成段階では使えますが、中盤以降に使うようなものではありません。
まあ、とりあえずやるだけやってみましょうか。

まずは弓を用意します。白物を用意するのは面倒なので、とりあえず4穴青物を店で買いました。
poison-1.jpg
とりあえずP-Emeを1個埋めてみました。まあ、普通に+29/1sですね。

では2個目。
poison-2.jpg
・・・おや?
(3個目)
poison-3.jpg
おお?
(4個目)
poison-4.jpg
おおおー!?

ということで、2個以上は入れるたびにダメージが飛躍的に伸びていきました。
計算してみると、どうも2個以上はP-Emeを入れる度に基本の+29に継続時間を二乗したものが
ダメージになるようです。
(+29*(4*4)=464 厳密には完全に+29.0というわけではないらしく、若干数値が違うようです)
実際に使用してみると、きっちり4秒継続しました。
というわけで469ダメージを4秒かけて与えるみたいですね。(秒間ダメージ117、端数切捨て)

これは同じ条件だと現行の秒間29ダメージに比べて遥かに強く、これだけでも1.07の毒が
強力ということが分かります。
とは言ってもこれだけではP-Novaを超えることすら難しいのでもう少し実験してみましょう。

次はof Anthrax(+25-50/4s)で4穴の弓を用意します。
poison-5.jpg

で、まずはP-Emeを1個入れてみましょう。
poison-6.jpg
1個入れただけで大分伸びました。ダメージは個別に計算するはずなので分けて見ると、
Anthraxの秒間ダメージが+6.25-12.5、P-Emeで+29、足して35.25-41.5、
合計継続時間(5s)を掛けると+176.25-207.5とかなり近い数値を取りました。

どうも元の装備に毒属性が付いている状態で、ソケットに毒属性アイテムを入れた場合、
個別に秒間ダメージを算出して足した結果に合計継続時間を掛けた物が最終的なアイテム表記上の
ダメージになるようです。

まあ、せっかくなので4個入れてみましょう。
poison-7.jpg

poison-8.jpg

poison-9.jpg

・・・うむ、見事に計算が合わんな!
2個目を入れた時点で、最初の計算式が当てはまらなくなりました(笑)
うーん、色々考えてみた結果・・P-Eme2個入れた時の+117にAnthraxの秒間ダメージの2倍
(+12.5-25)を足して+129.25-+142とし、その値に平均継続時間(3s)を掛けると+387.75-426となり
なんとかそれっぽい値を算出することができました。
で、本当にこれで合ってるかどうか、3、4個目についても計算してみましょう。

・・・うむ、見事に(ry
4個目についてはP-Eme4個分の+469にAnthraxの秒間ダメージの4倍(+25-50)を足して
+494-519としその値に毒属性の個数(2個)をかけることにより、ぴったり+988-1038となったのですが、
3個目の計算がどうにも分かりません。大体、2個目と4個目で計算式が違うという時点で
おかしい訳で、結局本当なのかどうかは分からずじまい。
※どうも、3個目については3個分の+264にAnthraxの秒間ダメージの3倍(+18.75-+37.5)を足して
+282.75-301.5とし、合計継続時間をP-Emeの個数で割った値(2.33)をかけることにより
658.8-702.495とそれっぽい値を・・・っておかしいだろこれ!

なお、PrefixのPestilent側では
poison-10.jpg
最終的にこのようになります。
poison-11.jpg
やはりPrefix側の方が最終的な秒間ダメージは上になるようです。
(Pestilent=151.3、of Anthrax=129.7)

なお、元の記事によるとModが重複した弓(Pestilent Bow of Anthrax)にP-Eme4個を入れた場合、
+1607/10sとかなり強力なダメージになるようです。
と、いってもダメージModが重複すること自体がかなり稀で(ショップランの結果1時間に1個位)、
それが4穴開く早い弓(LongWarBowかchukonuがベストでしょう)に付く可能性を考えると
片方のAffixでも十分ではないかと思います。

長いので分けます。

Diablo2-1.07 Oスキル芋矢について

immolator-1.jpg

さて、前回の記事でクコシャカクに付いている効果のImmolationArrow+3がOスキルであることが
分かったわけですが、今回はそれに伴い芋矢を利用したビルドを構築することにしてみます。

・・・てーわけで何とかクコシャカクが装備可能なLV37まで上げました。
07ではplayersX使えないんで、LV25以降がかなり厳しかったです。

まずOスキル芋矢の仕様についておさらいします。
・基本スキルLVは3である。
・全スキル+、クラススキル+、属性スキル+でブースト可能。
・現行パッチよりマナコストが若干多い。
・射撃系魔法扱いであり必中。
・着弾時の爆発範囲は狭い。
・着弾後に発生する火壁はLV上昇に伴い発生時間が延びる。

ここからはダメージについて検証してみます。
火マスタリ習得前の初期状態です。属性ダメージ等は載せていません。
07-Bug10.jpg
表記ダメージについてですが、弓のダメージ(28-81)の1/2+DEXの修正値+爆発時ダメージとなっています。
物理+火炎ダメージですね。FireArrowのように全ダメージが火属性というわけではないようです。
(実際にFIに使用して検証)

FireMasteryに1ポイント(+30%)振ってみました。きちんと上昇しています。
07-Bug11.jpg

とりあえず火マスタリLV12(100%ほど上昇)まで上げ、芋矢自体を4LVほどブーストしてみました。
(黄色い表記はSoJの雷属性ダメージです)
07-Bug13.jpg
なお、装備の属性ダメージは1/2分上乗せされるようです。
この後インフェルノストライドを装備して検証しました。
追加火炎ダメージ10-35ですが、きっちり半分の5-17上昇しました。
火マスタリは適用されてません。というか2重バグとかもないようですね。

エンチャントを掛けてみます。(火マスタリで100%ほど上昇しています)
07-Bug14.jpg

あれれ・・・
07-Bug15.jpg
これはインフェルノストライドを装備した後の数値なんですが、
どうもエンチャントは1/6程度しか上乗せされないようです。
というよりは、恐らく装備品と同様に火マスタリ適用されないのでスキル表記の半分
→装備品と同様にダメージさらに半分・・・ということでしょうね。
エンチャ役立たないですなあ。振ってしまったが最後、リスペックも出来ないし困ったもんだ。

まあ、火壁部分は大して伸びないので(それでもノーマルでは強力ですが)、
爆発部分のダメージを伸ばす方向でいきましょうか。
もっとも、07には属性ダメージチャームもなければ属性ジュエルも効果が弱い、と
踏んだり蹴ったりの状況ですのでそれもちと難しいですが。
火壁の効果時間は長いので、敵群を壁役にまとわりつかせるか、FreezeArrowのごとく
GSで動きを止めるなどすれば使いどころもあるかもしれません。
(ちなみにHF傭兵はバグの為使用できませんので、馬場かDEF兄貴でなんとかしたいところ)

まあ、趣味ビルドの範囲は抜け出せないでしょうが、芋矢ソサを適当に楽しむことにします(笑)
プロフィール

Brother_K

Author:Brother_K
趣味・ネタビルドが好きな変則的Diablo2プレイヤー。
Openで活動中。
Oblivionで特定の趣味に偏った
衣装Modも作成しています。
リンクはフリーであります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
毒 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。