スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diablo2-1.07 であぶろ忍法帖(その7)

nin-6.jpg

フ・・・長い夏休みであった。

( ´_ゝ`) ゲームに夏休みなぞあるかボケ!さぼってただけだろうが。

な、なんだ今の声は。
我はおぶりびおんとかいうコスプレゲー(違)とは関係ないぞ。
というか勘弁してくれ。
なぜ夏休みという名の夏バテ病復帰一発目の記事が我なのだ。
他にやることがあるだろう。というかこいつ→( ゚д゚)はスレにSSとか上げとるだろうが。
まあ、これ以上言うとただでさえ少ない出番が減らされそうなので、この辺にしておこうか。

それにしても暑い。地獄とはなんと(ry
nin-a11.jpg

黒の放浪者を追い地獄への門を抜けた我は、炎の河を渡り、一路混沌の聖域へと向かっていた。
例のまぬけな大天使様の言い分だと、そこには魔王ディアブロの肉体が安置してあり、奴のソウルストーンを
持つ黒の放浪者がそれと同化することにより、魔王は完全復活を遂げるとのことだった。

やれやれ。段々と大事になってきたな。というか、そんな奴を倒すとか普通下忍に任せるか?
・・・あ、そうなる前に仕留めるの失敗したからこういうことになってるのか。
我としたことがうっかりうっかり。

まあ良い。かの恐怖の魔王を倒したとなれば頭目や上忍共も我の実力を認めざるをえまい。
魔王には我が *High-Master* と成る為の礎となってもらうとしよう。

nin-a12a.jpg

魔王の軍勢の攻撃は苛烈を極めていた。我に襲い掛かる大量の魔物共。
だが、我とて伊達に幾千といる下忍の中からこの任務に選ばれた訳ではない。
地獄の業火ですら涼しく感じる火遁の術にて焼き尽くしてくれよう。

nin-a12b.jpg

とは言ってもだ。
ここは敵の本拠地。あまりにも多勢に無勢すぎた。
ということで、影分身を囮に物陰から火遁をばら撒いて敵を殲滅したのち、生き残った雑魚を手裏剣にて
屠るという手を使わせてもらう。
何?さすが忍者汚いだと?・・・愚かな、忍者の戦いとは本来こういうものよ。

nin-a13c.jpg

激戦の末、ついに黒の放浪者こと恐怖の魔王を仕留めた。
火遁は効かぬ上、影分身も数秒も持たぬと苦戦を強いられたが最後に役に立ったのはこの手裏剣であった。
この戦果を聞けば手裏剣フェチの頭目も満足されるであろう。

さて、喜んでばかりもいられぬ。まだ標的は残っておるのだ。
最後の魔王を追う為、我は大天使の力により北方の山脈へと転移した。

LVは24のまま。A4クリアしました。
まだノーマルなので、火レジが高いメガデーモン系やドゥームナイトも火遁で十分に蹴散らせます。
FIは左の封印のボスのみでした。護衛を火遁で倒して手裏剣連射で楽勝。
ディアブロは火遁がほぼ効きませんが、火+雷レジMaxの上にMDRを稼いでいたため、
正面からの手裏剣打ち合いで倒しました。
次回はAct5突入、待望の助っ人が現れます。
スポンサーサイト
プロフィール

Brother_K

Author:Brother_K
趣味・ネタビルドが好きな変則的Diablo2プレイヤー。
Openで活動中。
Oblivionで特定の趣味に偏った
衣装Modも作成しています。
リンクはフリーであります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
毒 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。