FC2ブログ

Path of Exile~敗北者の物語(その1)

Introduction.

その男は敗北者だった。
かつては気高き部族の長として大陸中に名を轟かせた男は、いまや近隣諸国との戦乱に敗れ、
死こそ免れたものの、生きては帰れぬ地獄の島へと送られようとする流刑者であった。

全てを失った-民も領土も愛する者たちも全て-
「なぜ・・・俺は生きている・・・」
死ぬことは恐れていない、だが、戦士の誇りとして自害は許されない。
しかし囚われの身となった男にもはや部族を再興するすべはなく、
ただ絶望の中で死を待つのみであった。

Wraeclast島へ向かう船に乗せられること3日・・・その夜のことであった。
男は深い眠りの中で夢を見ていた。
誇り高き部族としての栄光、親しき者たちとの幸せな日々、戦乱、勝利、そして・・・敗北。
また、この夢か。男は疲労した面持ちで静かに目を覚ました。
あの日から一度も途切れたことのない、悪夢。
「あの時俺にもっと力があれば・・・そうだ力が欲しい。もっと力を・・・」

その時である。船倉の暗がりからゆっくりと近づいてくる影があった。他の流刑者は皆寝ている。
黒いローブを纏ったその人物は、暗闇でよく見えないが若者のようでもあったし老人のようにも見えた。
<力をお望みですかな?>
その人物はしわがれた声で男に語りかけた。いや、脳に直接語りかけているというべきか。
「何者だ。」男は警戒しながらローブの人物を睨み付けた。
<これは失礼、私は名乗るほどの者ではございません。しかし、力という物への信望者と
言っておきましょう>
「・・・それで、貴様は俺に何の用があるんだ?」男は今にも相手に飛び掛らんとする勢いで構えた。
<これは怖い怖い。あまりそのような目で私を見ないで欲しいものです。私は貴方にこの状況を
打開する力を貸そうと言っているのですよ>ローブの人物はおどけた風に両手を上げた。
「いいだろう。俺には最早何も恐れるものはない。貴様が悪魔の使いだろうと死神の手先であろうと、
そんなことは関係ない。力の代償にこの俺の命を差し出せと言うのなら、喜んで差し出そう。」
男はそう言うと、警戒しつつも床に座り込んだ。
<結構結構。さすがは勇者として知られた方だ。話が早い。>
ローブの人物は一人満足そうにうなづくと、傍らから黒い杖を差し出した。
先端に装飾が付いてはいるが、あまり変哲もなさそうな杖だ。
「これは・・・?」男は訝しげにその杖を眺めた。
<これはかつて古の時代にいたという神々の一人を封じたとされる杖です。この杖が必ずや貴方を
再び勝利と栄光の道へと導くことでしょう。>そう言うと、ローブの人物の姿が薄れ始めた。
「まて、貴様は・・・!?くっ。」男はローブの人物を追おうとしたが猛烈な眠気に襲われ、
昏倒してしまった。
<またお会いすることもありましょう。その時には力を得ていることを願いますよ。では・・・>
薄れゆく意識の中、ローブの人物の笑い声だけがその場に残った。

夢・・・か。まだ日も昇らない時間、男は再び目を覚ました。
激しい雨音が聞こえる。どうやら嵐のようだ。
しかし、もううっすらとだがWraeclast島は見え始めている。地獄はもうすぐそこにあるのだ。
「あれは何だったのか。やはり幻か。」
男が自嘲気味に笑ったその時、壁に立て掛けてあったのであろう何かがごろんと床に転がった。
「これは・・・!」それは夢の中で会ったローブの人物が渡した杖であった。

その時である。
「大波だ!このままでは船が転覆するぞ!」船員の叫び声が聞こえた。確かに船は先ほどから
激しく揺れている。牢番も騒ぎを聞きつけて上に向かっているらしく姿がない。
幸いなことに、船倉には鍵がかかっていないようだ。
よし-男は他の流刑者達と頷き合うと、船倉を飛び出した。

などという、また意味不明な出だしから始まった今回の記事ですがw
今回はPoEの尖ったユニークの中でも一際目立つ性能を持つユニーク武器「Pillar of The Caged God」を
主軸にしたビルドをメインに物語形式で攻略を進めていきます。

・・・あー、最近こちらに来られた方は何なんだとお思いでしょうが、いつものことなんで
気にしないでください。D2の頃は色々やってます。コブラとか。忍者とか。ニンジャとか。NINJAとか。
TRPG出身なのでこういうの好きですね。ええ。

話が反れましたが、まず「Pillar of The Caged God」の性能から説明します。
poe-uni2.jpg

★基本性能
このように最上段の基本ベース効果(ブロック)を除くと、Modは3つ。
しかし、これがかなり特殊な効果です。PoEの中でもトップクラスのへんてこ性能です。
性能は書いてありますが、具体的には
・STR10上昇ごとに(杖の)物理ダメージ10%上昇(正確にはSTR+1=物理DMG+1%上昇)
・DEX10上昇ごとに攻撃スピード1%上昇
・INT20上昇ごとにAoEスキルの攻撃範囲1%上昇

と、杖自体はどノーマルもいいとこな性能なんですが、PCが成長するごとに威力が上がっていくという
今までハクスラ系RPGにありそうでなかった武器です。
これは、パッシブのステータスノードはもちろん、アイテムのMod効果(STR+○、ALLAtribute+○)も
反映されます。この効果はかなり特殊であり、パッシブの取り方にまで大きな影響を及ぼします。

★パッシブについて
この杖の効果により、各ステータスノードは以下の性能に変化します。
・STR+10(Life+5、物理ダメージ+12%)
・DEX+10(命中+10、回避+2%、IAS+1%)
・INT+10(マナ+5、ES+2%、AoE範囲+0.5%)※20ないと+1になりませんが
※+20、+30のノードは当然効果は2、3倍になります。
このなかでもSTRの効果が大きく、あの小さい丸一個で物理+12%というのはかなり大きいです。
当然、他の物理DMG+X%といった12%未満のノード(もしくは12%のみの効果)を取る必要がなくなり、
STRを取りに行くだけでダメージ上昇、基本ライフも稼げ、しかも余ったポイントでライフや防御系
ノードを優先的に取りにいける(いや、今時物理ノードは取らないのが普通ですが)という
一石二鳥な効果が望めます。
また、Ironreflex等のキーストーン取得の為にDexノードを多数通過する為、これにより
IASを十分に稼ぐことが出来、専用ノードを取らなくて済みます。
またアイテムのModと合わせて命中も十分に稼げるので、ResoluteTechniqueを取る必要も
なくなります。
Intに関してはビルド次第なのですが、合計200も稼げればIAoE+10%となるので十分といえるでしょう。
+30とかの効果が大きなのだけ優先的に取ればいいです。

★武器のダメージについて
いくらSTR等を上げてもアイテム欄の数値は上昇しないのですが、ステータス欄で確認できます。

武器威力=ベースダメージ*(杖のSTRボーナス+パッシブのSTRボーナス)
例:STR91の時、基本MaxDMG38(Q+20%)でパッシブで18%、杖効果で90%、合計108%(2.08)で79。

+%morePhysicalDMGについて(MeleePhysical等)
武器威力=(ベースダメージ*(杖のSTRボーナス+パッシブのSTRボーナス))*more%
例:STR91の時、基本MaxDMG38(Q+20%)でパッシブで18%、杖効果で90%、合計108%(2.08)で79。
合計79DMGにmore+30%を乗算して103DMG。

と、STR上昇での効果も当然のことながらmore+%の効果もそれに乗して大きくなります。
低LVユニークアイテムの中には、ステータスを大幅に上昇させる効果が付いてるものがあるため、
それを使用することで序盤でもSTR+100等を稼ぐことが出来ます。
(Astramentisを装備すれば、パッシブを含めてLV20時点でSTR200=基本威力3倍以上も期待できます )
その他、Add+XDMGについては属性はもちろん物理+も効果が薄いので補助程度で使用します。

★スキルについて
攻撃方法は2Hであること、IAoEを伸ばせることを考慮して、LeapSlamでいきます。
IASも伸ばせるのでMultiStrikeを用いれば十分にメインを張れるはずです。
威力上昇が大きいので、ConsentratedAoEも使うかもしれません。
また、物理DMGを極端に伸ばすので、これに%で属性ダメージを追加するAddFireやHatredを
使用します。防御系はオーラ系は定番の物を使用しますが、STRを大幅に稼ぐことに留意して
IronWillをリンクさせたMoltenShellも運用します。

★パッシブの取り方について
というか、まずデュエリストでいきます。
麻呂でもいいんですが、IronReflexを早めに取ることを考慮しての赤シャツさんです。
右側を取りに行っている間のSTRはアイテムで補完します。
InnerForceは必須、杖のノードは基本的には要りませんが、右下のブロック合計+13%は
取りに行きます。他はライフとArmor、レジスト優先になります。
物理ダメージは基本的に取りませんが、2H物理+STRは取ります。
スタンは無視、クリティカル関連については考え中です。

★デメリット
武器の基本威力がクオリティ+20%でもMax38なので、仮にSTR1000稼いでも威力の面では
Marohi Erqi(Diaにおけるクラニウムバッシャー、スコーン的ポジションの最終鈍器)には
及びません。
IASは高くなるので一概には言えませんが、その辺の差はMultiStrike+FasterAttackで容易に
埋まってしまいますので。
また、装備が別の意味でステータス依存になるので、IIRやIIQが稼ぎにくいでしょうか。

★他のビルドについて
今回はLeapSlamでいきますが、他にもSTRではなく、DEX+INTを稼いでダメージは属性物のみとして
高速で属性AoEをばら撒くとか、Cycloneを使うなどの攻撃方法ができそうです。

長くなりましたが、今回それだけでビルドを構築しがいがあるユニークがあるということで、
久しぶりに趣味ビルダーの血が沸いてきましたw
この辺はMTGを始めとするTCGのデッキ構築と似たようなものなのかもしれませんね。
TCG好きの方はこういうビルド構築は好きなんじゃないでしょうか。
次回からは攻略に入ります。では、また次回。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Brother_K

Author:Brother_K
趣味・ネタビルドが好きな変則的Diablo2プレイヤー。
Openで活動中。
Oblivionで特定の趣味に偏った
衣装Modも作成しています。
リンクはフリーであります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
毒 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク